top of page
検索
  • 執筆者の写真Yiwen

『悪は存在しない』という映画、オススメです。



最近上映された『悪は存在しない』という映画、オススメです。


すぐさま素晴らしいと拍手させる映画ではありません。観終わってもよくわからないと素直に思います。けれど、映画工業ではなく本物の映画に再び出会えたとも直感しています。


ラスト数分のシーン、私も多くの人と同じように、驚きながら観ていました。いまだに主人公の動機について答えは出ませんが、一つ強く感じることはある。常識や理屈に通じない主人公の行動は、禅問答、公案のようなものに近いと感じました。


映画には、現実の時間への忍耐、反復、再発見が描かれており、その現実の時間の純粋さは、弱々しく観客に鑑賞させるものではなく、恐ろしい先端と深みを持ち、不意打ちを食らわせるように攻撃してくる。そして、その攻撃は純粋な自然の結果であることが理解できる——それはまるで自然そのものの純粋さが、人間との対峙を純粋で真実なものにし、必然的に危険なものにしているかのようです。


この映画は一見、反復を描いているように見えるが、後半部分のすべてのシーンは、前半部分でほとんど見ている。しかし、前半部分の牧歌的で安全な明瞭さは、後半部分では霧がかかり、幽霊のような恐怖と脅威を感じさせるものに変わる。すべては観者の思い通りにはならない。美の後ろには生々しい存在があり、それは底知れず、決して標本化して鑑賞することはできない。この映画は、芸術と倫理の力を同時に示しており、つまり両者が分離できない強力な洞察力を示していると私は思います。


いかがでしょうか。


この映画を観た方、ぜひご感想を聞かせてください。



【お知らせ】

勝手な都合で申し訳ございませんが、

5月23日より中国に出張予定があるため、ホームページにてご注文いただきました本は6月9日以後の発送になります。

(今日から23日までの注文分は、通常発送致します)


ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。


閲覧数:23回0件のコメント

Comentários


bottom of page