top of page

やさしい手ざわり、ほのかなぬくもり、とろっとした口あたり…。

基本のお椀から、あると楽しいうつわまで。

輪島の塗師と人気スタイリストが、毎日使える漆のうつわを紹介します。

著者の赤木明登さんによるサイン本。

 

【著者略歴】

赤木明登
塗師。1962年岡山県生まれ。中央大学文学部哲学科卒業後、編集者を経て、88年に輪島へ。輪島塗職人・岡本進氏のもとで修業後、94年に独立。97年、ドイツ国立美術館「日本の現代塗り物十二人」に、2000年には東京国立近代美術館「うつわをみる 暮らしに息づく工芸」に選ばれる

高橋みどり
スタイリスト。1957年東京生まれ。女子美術大学短期大学部で陶芸を専攻後、テキスタイルを学ぶ。大橋歩氏のアシスタント、ケータリング活動を経て、90年、フリーのスタイリストに。料理本のスタイリングをメインに活躍する

日置武晴
カメラマン。1964年東京生まれ。婦人生活社、柴田書店の社員カメラマンを経て、フリーに。主に雑誌や書籍の料理撮影で活躍する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

毎日つかう漆のうつわ(サイン本)

¥1,400Price
Sales Tax Included
  • 出版社:新潮社 

    発売日 ‏ : ‎ 2007/5/1

    言語 ‏ : ‎ 日本語

    単行本 ‏ : ‎ 127ページ

bottom of page